アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

福祉の問題

世話をする

現在日本では、高齢化社会が進み、介護職の需要が上昇しています。
介護サービスを行う、ホームヘルパーやデイサービスといった会社が増えています。
しかし、その反面で人材の不足が懸念されています。
今後も高齢化社会は進むと言われ、介護の需要は更に増えて行きます。

■福祉の資格
介護福祉には様々な資格が存在します。
介護福祉やケアマネージャーといった資格は、実務経験が必要になります。
ホームヘルパー2級、1級、介護福祉士、ケアマネージャー、介護事務、ガイドヘルパー、介護予防運動指導員と呼ばれる資格があります。
その中でも介護福祉士は国家資格であり、現在介護の現場では必要とされている資格です。
介護の資格を取得するには、講座を受講する必要があります。
資格を持っているかどうかでも、収入が変わってきます。

■資格取得
資格を取得するには、専門学校へ行く方法もあります。
専門学校は現在でも数が多く存在し、卒業までの資格を幾つか取得できる事が利点です。
専門学校に通い、資格を取得することにより、就職に有利にもなり、正社員雇用の道が開けます。
専門学校に通う事が難しい社会人は、働きながら取得することも出来ます。
しかし、介護福祉士からは、実務経験が必要になり、実際に介護の現場で働きながら取得を目指す事になります。
基本的には、ホームヘルパー2級からホームヘルパー1級を取得し、介護福祉士を取得した後ケアマネージャーの資格を目指すことになります。
ケアマネージャーは、資格の中でも高いレベルにある資格で、現場では必要とされている資格です。

■サービスの現実
サービスには幾つかの種類があり、在宅でのサービス、施設でのサービスといった種類のサービスが存在しています。
都市部では施設が足りない状況にあり、地方では都市部ほど人がいないといった状況があり、地方でもかなり差が出ています。
また、地方では会社や事業所が多く存在するため、一部で供給過剰になるところもある一方で、供給が足りないという問題点が存在しています。

オススメリンク

介護のプロを目指したいと思うのであれば、アイ・ヘルパースクールで勉強してみませんか?老人介護の知識とテクニックを学ぶ事ができるようになっています。

勉強する

資格を習得

介護福祉の資格には、用途に渡り様々な資格があり、いくつか国家資格があります。
各資格の特長を捉えて、自分の従事したい職務に生かせる資格を選ぶ事が求められます。

国家資格には、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士と呼ばれる資格が国家資格となります。<…Read more

学校へ通う

新たな資格

介護福祉士の上位資格の位置づけに、認定介護福祉士が存在し、現在導入に向けて調整されています。
介護福祉士の上位資格ということで、介護福祉士よりも難易度の高い内容となっています。
専門学校を卒業して介護福祉士を取得した生徒達が、ステップアップの為に目指せる資格と言えます。

Read more
カルテをチェック

現実問題

介護福祉の新資格新設や、介護専門学校の普及というシステムの充実がある一方で、介護に関する問題も数多く浮上している事が現実です。
現在、日本では高齢化社会が進み、今後も増加する見込みで、超高齢化社会と呼ばれています。
高齢化社会が進むにつれて、介護問題は深刻になります。
Read more

関連リンク